無料ブログはココログ

« April 2006 | Main | June 2006 »

May 13, 2006

霧の新潟市

 以前住んでいた六日町は信濃川の支流、魚野川に沿った谷間の町であり、頻繁に霧が発生していた。

 連休の明けた5月のとある日、珍しく、たぶん本当に珍しいことなんだと思うけれど、この海に面した新潟市がほぼ終日夜中までご覧のような濃霧に覆われていた。
 珍しい風景であった。霧も嫌いではない。
F1000045s

ちょっとTVに出ます

 これまたちょっと業界ネタですいません。

 NHK新潟放送局より4月以来取材をちょっと受けておりました。例の職場の関係です。
 その内容が5月9日からシリーズで下記の如く放映されております。
 私たちの活動内容も15日(月)に放映されるようです。ほんの少し映るだけと思いますがちょっとだけここで宣伝させてください(^_^;)。18:20-18:40くらいの間と思います。

 今、日本の医療は大変な危機を迎えております。皆さんの周りにもちょっと目をこらしてみてください。診療規模を縮小した病院はありませんか?産科や小児科を閉鎖した病院はありませんか?これは年々ひどくなっていきますよ。何もしなければ、どんどん事態は悪化していきます。
 国の施策がこのような事態を生んでいるのです。
 医者が怠慢であるとか、医者が田舎を嫌っているとか、そういうことではないのです。
 もっとみんなで真剣に考えないと、やがてとんでもないことになっていきます。

*******◆シリーズ:地域医療の危機◆*******
【放送予定日】
5月9日(火)〜12日(金)、15日(月)の5日間
【放送枠】

「新潟ニュースファイル」(18:10〜19:00)
1日あたり10分前後
【内容】
● 9(火)「医師大量退職の波紋」
~阿賀野市立水原郷病院
…シリーズの初日として、水原郷病院を取り上げ、なぜ医師が一時期に大量退職することになったのか、患者や家族にどのような影響が出ているかをお伝えする予定です。
●10(水)「診療報酬改定で揺れる療養型病床」
~佐渡市立相川病院ほか
…診療報酬の改定で、点数が下がった療養型病床を持つ病院が今、どのような課題に直面しているのか。地域の課題と共にお伝えする予定です。
●11(木)「医師引き上げの打撃」
~上越地域医療センター
…新しい研修医制度の実施で、医師が引き上げられ、医師不足に陥り、診療報酬を減らされる危機に直面している上越地域医療センターを取り上げます。
●12(金)「当直年間100回」
~県立松代病院
…県立松代病院の当直医師のドキュメントです。
●15(月)「現代の赤ひげを育てろ」
~新潟大学、県立松代病院、県立津川病院
…最終日は、新潟大学の赤ひげチーム医療人の取り組みを紹介させていただきます。
**************************************

医療崩壊

 あまりこのblogには業界ネタは書かないように、と思ってはいるのだが昨今身の回りの状況は厳しさを増しており、こんなところでも少しでも主張すべきことを主張することは大事なのかな、と思ったりし始めています。

 現代は「いい医者がいい医者で居続けることが難しい世の中になってきている」と思います。
 最近、凄くいい本を読みました。 
 5月2日に発売されたばかりの本ですが、「医療崩壊 立ち去り型サボタージュ(朝日新聞社)」と言う本です。素晴らしい本です。本当に涙が出る思いで読みました。福島の産婦人科医師逮捕事件の裏を考える上で大変参考になる内容でした。また慈恵医大青戸病院の件でもこれまでの考えを少し改めさせられるような内容でした。
 是非、医師はもちろんすべての政治家、政策立案にかかる官僚、医療裁判の判事、検察官、原告、被告、これから医療を受ける可能性のあるすべての人に読んでいただきたい本です。このままでは日本は本当に住みにくい国になってしまう。
402250183901
 私は1冊人から借りて読み、感動して2冊購入、知っている人に送ります。
 皆様も是非、一度読んでみてください。本当に考えさせられます。

« April 2006 | Main | June 2006 »

Recent Trackbacks

Categories

  • CW
  • DCR
  • SOTA
  • 日常生活
  • 無線環境
  • 移動運用
  • 趣味
April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30