無料ブログはココログ

« September 2007 | Main | November 2007 »

October 29, 2007

K2の修理(その3)

うちのK2、以前から10MHzや14MHzで、オーディオフィルターの雑音だと思うのですが、一秒おきに「ザッ、ザッ」という雑音が入っていました。聞こえないときもあるのですが、使っている時間の半分くらいはその雑音が聞こえていました。
またAFボリュームのリネアリティが悪く、9時くらいの位置で急に音が大きくなるポイントがありました。

これについてElecraftのホームページに、改善する改造が載っていました。RFパネル、フロントパネル、コントロールパネルのそれぞれについて基板上のパターンカット、ジャンパー線の付加など合計6~7カ所の改造が必要になります。

先週末、時間を見つけてこの改造にトライしてみました。
正味1時間ほどで、終えました。
これまではAFボリュームの9時くらいでの運用が多かったのですが、今は11時くらいの位置がちょうど良くなっています。それから一番の問題だった10MHzや14MHzの「ザッ、ザッ」という一秒おきの雑音がキレイになくなっていました。
またこれまではPCを起動すると発生していた雑音が、かなり小さくなったような印象があります。

これでしばらく使ってみようと思います。

October 27, 2007

QRMMM!!!

今日、朝は少し時間があったので自宅近くの川の堤防で電波を出すと、神奈川のJJ1TTG/Akiさんからお声がけいただき7.0255MHzでのんびりと平文ラグチューを楽しんでいた。
思い返せばハムフェアの二日目以来のQSOではなかっただろうか。
「久しぶりですね」
みたいな話をして、それから今日接近してくる台風20号の話題で話をしていた。

と、そこへ思いっきりオンフレでCQホレを出す局がある。
堂々とコールサインも打電してくる。5エリアの高知の局だ。
何度かQRMと送るのだが全く介さないで「CQ ホレ」を打ってくる。

Akiさんは579くらい、こちらも同じくらいで神奈川に入感しているとのことだったし、件の5エリアの局も579程度で入ってくるのに、届いていないのもへんだなと思っていた。

その5エリアの局、時々打電を止めてこちらのQSOを聞き、こちらが果敢にQSOを続けているとバラバラと打電をするというパターンを繰り返している。どうも意図的に妨害しているような気がしてならない。

QRMも酷いし、まあ仕方ないので73を送って引っ込むと、しばらくその5エリアの局は乱れた符号を打っていたが、やがて消えた…。

まあ、そういう人は時々いるので仕方ないんだけど…。不快だ。
その局は7.025~7.026MHz付近を根城として、よくその辺で波を出しているホレ局だ。

最後に、多分Akiさんだと思うけど「ホレ使えるの?」って聞いてきたので「ハイ、ツカエマス」とホレで打電してみました。
不快なことはあった者の、久しぶりにAkiさんとQSOできて満足でした。
今日は夕方から職場の当直。眠られることを祈っている。

October 26, 2007

K2の修理(その2)

先日もブログに少し書いたのだが、K2の調子が悪かった。イヤフォンのところは先日の修理によりOKだったのだが、実はそれとは別に半年位前からプリアンプが効かなくなっていたのだ。

回路図を睨みながら、トランジスタが飛んだんだな、と考えていた。
リレーの問題かとも思ったが、これについてはチェックしてみたが問題なかった。導通もしっかりしていた。
EDCの木下さんに連絡してみたところ、トランジスタ前後の導通だけでは、飛んでいるかどうかの判断はできない。リグに電源を入れたときの各ポイントでの電圧をチェックしてみて欲しい、とのことだった。

果たして、その通りだった。
結果は、トランジスタ直前のトランスのハンダ不良。そもそもトランジスタの所定のところまで本来くるはずの電圧がきていなかったのだ。
これまでは問題なかったのに、経年変化の中で半田付けが悪いところで問題が顕在化してきたのだった。
この部分に半田ごてを当て、導通を改善したところ、きちんと治った。
基本をしっかりすることが重要だと再認識することができた。
また機械は修理できるということも理解できた。
いい勉強になった。
それからリグの製作は改めて面白い、と感じた。

October 23, 2007

新見の名物

ちょっと無線とは関係ないのですが、新見の駅で買った「お祭り寿司」についてちょっとコメント。

新見で宿泊したホテルは、なんと朝食を頼んだところ、日曜日の朝はやっていないから、とにべもなく断られてしまった。そこでチェックアウトした後、新見駅まで布施院長先生と二人でとぼとぼ歩いた。

新見駅のKIOSKで、何か朝ご飯代わりになるものがないかなぁ、と見ていると駅弁らしい感じでそれは置いてあった。1500円、駅弁にしては少し高いなぁ、と思いつつ手に取ると驚くほど軽い。「あれっ?」と思うとそこにすかさず店員さんが声をかけてきた。
「ご入り用でしたら取り寄せますので…」
ん?と思っているとどうやら手に持ったものは包み紙だけで、実際の商品はここにはなくて、客が買うことになると持ってきてくれるらしい。
物珍しさも手伝って、少し高いなぁ、とは思ったものの注文した。この少し高いなぁ…という理由は後でハッキリ分かったのだが…。
店員さんは某所に電話をかけ、なにやらゴニョゴニョ話をしていた。

果たして僅か3分後、紙袋を持ったおばさんがどこからともなく登場、所望の「お祭り寿司」を持ってきてくれた。
もうじき列車も来るのでそこでは食べず、「おーい、お茶」も買って、列車の来る時間を待っていた。

やがて岡山行きの特急「やくも」がホームに滑り込み、それに乗り込んだ。
指定席はとってあったものの客席は全般に混んでおり、乗車率は95%くらいだった。
早速席に座り、列車が動き出すのを待って、例の「お祭り寿司」を開け始めた…。
Dscf4736s
途中で、ちょっと嫌な予感がした。
包みを開けると…酸っぱい臭いが広がった。
これは酢で鯖をしめた後、その鯖でご飯をくるんだものなのだ。
お寿司を広げると座席付近には「プーン」と酢の強烈な臭いが広がった。周りの客は明らかに迷惑そうだった。
隣に座っていたおじさんは、露骨に嫌そうな顔をして「ぷい」と横を向いてしまった。
気まずさが漂うものの、開けた以上そのままにもできず、その「お祭り寿司」にかぶりついた。

とにかく大きかった。
私は比較的大食漢ではあるのだが、朝からこれを全部食べるのはちょっと不可能だった。だいたい1500円という値段は一人分なら高いのだが、本来これは2~3人前の食べ物のようだった。
結局半分ほど食べたところで、お腹は一杯になるし、周りの厳しい視線も気になってしまったこともあり、諦めて、お寿司をくるんで片付けた。

Dscf4737s
いろいろな意味で厳しい食品であった。
新見名物とのことだったが、それなりで目新しくはあった。後悔はしていない。開ける場所と時間がより適切であれば、きっともっとよい思い出になったことだろう。

残った「お祭り寿司」は新潟まで持ち帰り夕飯に家内に切ってもらって出したが、美味しく皆で頂いた。やはり夕ご飯などで大人数で食べるべきものであった。

皆さん、何かの折り新見に立ち寄ることがあったら是非この「お祭り寿司」を試してみては如何でしょうか。

October 22, 2007

新見で運用

出張で岡山県に出かけました。
その途中、新見市内で日曜の朝を迎えたので、持っていった無線機KX-1とアンテナはMP-1という組み合わせでNETに参加してみました。

ところがコンディションは近場は勿論、期待していた8エリアにも厳しく、Leoさんは339程度、Naoさんは229程度でした。
こちらがこんなショボイアンテナに2Wでは、まず届かないだろうなぁ、と思いつつコンディションの劇的な改善を期待しながら空しくBKを繰り返していたら…、突然「OK」と力強い打電がありました。
「????」と思って待機していたらAtsuさんでした。そしてLeoさんとNaoさんにBKをかけて、私からのQSPをしていただけました。

こちらの電波を直接届けることはできませんでしたが、「4エリアまで移動して、聞いてたよー」という意思表示ができたことが嬉しかったです。

写真は、窓から突き出したMP-1と、8エリア方面をアンテナから眺めたものです。
またベッドの上にこんな風にリグを広げて電波を出しておりました。
Dscf4724s
Dscf4725s
Dscf4726s

October 15, 2007

新潟島一周!!その1

新潟市中央区の主たる部分は、信濃川、関屋分水、そして日本海に囲まれたいわゆる島のようになっている。
これを地元では新潟島という呼称で呼んでいる。
この中には、新潟市中央区役所、市役所もあるし、裁判所、大学病院、繁華街、各種文化施設などがあり、新潟市内でももっとも賑わっている部分といえる。

この新潟島一周は約20kmあり、サイクリングロードや各所に公園などが整備されている。信濃川河畔にはいわゆるウォーターフロントとしてちょっとしたカフェがあるなど、割と雰囲気もいいところだ。

ここを昨日、家族で歩いてみた。
息子も6歳になったし、少し鍛える意味もあって家族みんなで分割して新潟島一周を計画したのだ。
昨日はその約半分。新潟島の下の方半周をおこなった。

まず自宅から護国神社の方に歩いていき、松林の中を抜ける歩行者専用道路を歩く。それから日本海を左手に見ながら海沿いのサイクリングロードを歩く。途中の公園では子供たちは遊具で遊んでいた。さらに信濃川の河口と日本海とが合流するあたりまで行くと、そこには新潟市の平和公園があった、これは知らなかった。小高い丘に登るとそこにはかつて湊の水先案内をしていた人たちを記念するモニュメントがあったりした。そこを後にしてしばらく住宅街を抜ける。このあたりは、いわゆる下(しも)と呼ばれる地域で、新潟市内にあって高齢化が進む地域でもある。小学校もあるのだが、児童数激減の過疎化の進む地域でもあるのだ。
信濃川の川岸に出て、時々見えるマリーナとかジェットフォイル専用ドッグなども見つけて感動しながら上流へ向かう。新潟歴史博物館みなとぴあのあたりはもっとも整備されつつある地域だ。この辺にはおしゃれなカフェや、歴史的な建造物などもあり見所がたくさん。対岸には新潟市のランドマークでもある「トキメッセ」が見える。

途中から対岸にそびえる新潟市のランドマークであるトキメッセを撮影した。
Dsc07648s
途中には、知らない公園有り、サイクリングロード有り、始めて訪れる怪しい家具屋有り(ただしとても良さそうな家具屋だった)、雰囲気の良いウォーターフロント有りで、新潟島の良さを再発見することができた。
今年の年賀状撮影はあの場所だな…(^-^)v。

October 13, 2007

K2修理完了

ここ半年ほどK2の調子が悪かった。
イヤホンジャックの不具合で外部スピーカーはなるのだが、これを外しても内部スピーカーから音が聞こえてこないのだ。実は以前にも同様の症状を起こしたこともあり、回路図とにらめっこしてこの不具合を発見したことがあった。

今回も同様の症状なので、またこのイヤホンジャックの不具合と考え、部品を取り寄せたのだ。
半田吸い取り器で半田を吸い取って、部品を外して新しいものに交換した。少し基板は傷んだが、何とかなった。二回目の部品取りは最初よりも難渋した。
これが最後であってほしい。

果たして、電源を入れると症状は改善し、内部スピーカーからきちんとした音が出ていた。うれしかった。
またK2の活躍の場が増えそうだ。

October 09, 2007

全市全郡参加

久しぶりに家内からも職場からも休みをもらい、全市全郡に参加してきました。

運用場所は自宅から車で約2時間の山中。ここは以前から関東方面には電波が良く飛んでいく場所、として地元民の間では知られており、そんなこともあって一度来て運用してみたい場所でした。

アンテナは50MHzの2エレHB9CVで8mHにまで上げました。
午前6時過ぎから運用を開始、夕方まで頑張って結局35局とQSOしました。
なかなか50MHzはここ0エリアでは局数も少なく、関東方面へはロケの良い場所といってもやはり限られた局とつながるわけで…。まあこんなものかなぁ、という感じでした。
7エリアや9エリアがもう少し捕まればFBでしたが…残念でした。
Dscf4475s

Dscf4481s

October 01, 2007

ポケトラ完成

先日来、暇を見つけて少しずつ製作していたポケトラがようやく完成した。
基板はそれほどたいへんではなかったが、FCZコイルの脆弱性にしばし泣かされた。
しかし、何よりもたいへんだったのはケースへの組込みと各種スイッチとの結線だった。
実体配線図や、完成品の写真でもどこかにあるとかなり参考になったのだろうが、あまりたくさんはなかった。
JE1BKC/濱さんのホームページはかなり参考にさせていただいた。
結線に関しては、かなりよく考え、順番もちょうど良くなるようにした。
結果として何とかうまくいったかな、と思っている。
誰かの参考となることを願って写真をたくさん貼っておきます。
Dsc07588s

Dsc07590s

Dsc07593s

Dsc07597s

こんな感じでした。

« September 2007 | Main | November 2007 »

Recent Trackbacks

Categories

  • CW
  • DCR
  • SOTA
  • 日常生活
  • 無線環境
  • 移動運用
  • 趣味
April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30